【トマトランド】

トマトの健康・美容効果トマトでアンチエイジング!

トマトの育て方>トマトをプランターで育てよう!育てやすい品種は?

【トマトをプランターで育てる!・土を準備しよう! 】


トマトは、育てるのが簡単な野菜です。
庭がない家でも、プランターなどに植えて、
ベランダで育てる事が出来ますので、
ぜひ、挑戦してみましょう!!

まず、準備するものは、プランター
普通、幅約62cm×奥行約22cm×高さ約17.2cm
このサイズの長方形ではないでしょうか。

次に、用意するのは、土です。
「花と野菜の土」でもいいですが、トマト専用の土があります。
「トマトの培養土」というものです。
トマトにむく堆肥が予め、まぜてあり、便利です。
そこには、水はけを良くするため、
鉢底の石を敷きます。

トマトを、プランターでなく土に時下に植える場合は、
予め石灰や元肥をまいて、予め土作りをすることが必要です。

そしてもうひとつ忘れてはいけないものは、
初底にまく「鉢底の石」です。
これがないと、水捌けが悪くなり、腐ってしまいます。

それからトマトの苗を用意しましょう。
トマトの苗は、丈夫で元気そうなものを選びましょう。
育てやすい品種は、「桃太郎」「おどりこ」などです。
大体、植えられる苗は、1つのプランターに2本です。
ミニトマトなら、3本くらいです。

今すぐ必要ではありませんが、
トマトは生長すると倒れやすいので、支柱が必要です。

それから、肥料を用意しておきたいです。
肥料も「油粕」で十分ですが、
「トマト・ピーマンの堆肥」というのがありますので、
それを使うと便利です。
肥料やり方は、次をご覧ください。
肥料を与えすぎると、実がなりにくくなります。
注意しましょう。

トマトは、実を食べるので、農薬は使いたくないという方には、
EM農法と言う、無農薬の栽培方法がお勧めです。

■EM農法と言う、無農薬の栽培方法は、
土壌を自然に近い状態に改良し、化学肥料や農薬を使わなくても、
豊かな土地を作り食物がそだつ、自然農法です。
EMを使うと、根が良く育ち、食物が元気になります。
にんじん百科 http://nimjim.sa-kon.net/
 ●EM農法でにんじんを育てる
有機栽培・EM農法

↑ PAGE TOP