【トマトランド】

トマトの健康・美容効果トマトでアンチエイジング!

トマトランド>ビオチンの効果・効能(アレルギーに)

【トマトのビオチンはアトピー性皮膚炎などのアレルギーに効果!】


トマトの栄養には、若干ではありますが、
ビタミンHが含まれます。
ビタミンHは、通称ビオチンと呼ばれます。
ビオチン(ビタミンH)は、あまりききなれないビタミンですが、
とてもすごい健康効果があります。

ビオチンには、アレルギーの炎症体質を改善する
という効果があります。
なので、アトピー性皮膚炎や
掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)
という疾患の治療に使われます。

また、ビオチンはタンパク質の生成にも関係し、
皮膚を作る細胞を活性化させ、皮膚の機能を
正常に保つ働きもあります。

そのほかビオチンにはコラーゲンやセラミドの
生成を高める働きがあり、骨などに炎症や変形を
ともなう病気に効果があります。

ビオチンが不足すると、
白髪、脱毛、皮膚の湿疹、乾燥肌、皮膚炎、などの症状がでます。

アトピー性皮膚炎などのアレルギーの炎症の治療のための
ビチオンを含む治療薬は、実際に使われています。

ビオチオンのほか、しそに含まれている
ロズマリン酸は、アレルギー軽減物質とし注目され、
副作用のない花粉症やアレルギーの薬として期待されています。
シソ酢のダイエット効果 (酢の健康・美容・万能力)
■最新・健康モーツァルト音楽療法CD第三弾免疫系疾患の予防
アトピー性皮膚炎、花粉症などのアレルギーの予防。
膠原病、感染症などの予防に効果が期待できます。
免疫疾患の予防
  (体に効くクラシック音楽)

ビオチンには、肌を美しくする効果があるので、
治療目的でなく美容のために使う人が増えています。
ビオチンを多く含む食品は、トマトの他に
牛レバー、豚レバー、ゆで大豆、乾燥大豆、落花生
さば・イワシの缶詰、卵、牛乳、ヨーグルト、たまねぎなどです。
サプリメントで、取る人も増えています。
ビオチンはアレルギーがなくても、肌荒れを解消する効果が高いのです。

トマトを食べると、美肌になるのは、
ビオチンと共にビタミンCやビタミンAとの相乗効果があるためです。
この様に、ビオチンは他のビタミンB群とバランス良く摂取すると、
効率よく効果を発揮することができます。

■肌の乾燥を補い健やかに保つ効果は、
にんじんのβカロチン・漢方人参のサポニン
にあります。
人参百科 http://nimjim.sa-kon.net/

■牡丹や芍薬の生薬には特に女性の肌や頭皮に優しい
効果があります。
牡丹・芍薬専門HP http://botan.konjiki.jp/

【トマトのビオチンは白髪、脱毛予防・育毛効果がある】
ビオチンは、ビタミンB群に分類される水溶性ビタミンの一種ですが、
タンパク質の生成にも関与している補助酵素です。

脱毛の原因の一つは、高齢化などによる女性ホルモンなどの
ホルモンの分泌低下があります。
そこで、ホルモンを活性化することで、脱毛は予防できます。
女性ホルモンや成長ホルモンなどは、アミノ酸からできています。
そして、アミノ酸は、たんぱく質の材料なので、
ビオチンをとることで、アミノ酸か増え、ホルモンの分泌量も増えて、
白髪や脱毛が予防できるのです。

成長ホルモンの育毛効果についてはこちらをご覧ください
10代の頭皮にもどる方法 (若返りホルモン)
アミノ酸の育毛効果はこちらをご覧ください。
育毛効果が期待されるリジン (若返りホルモン

おなじ理由で、黒酢と良質なタンパク質を含む、
牛乳や納豆、きな粉などの大豆製品を一緒にとると育毛効果があるといいます。
黒酢には、アミノ酸が豊富に含まれ、牛乳や大豆には、
牛乳に含まれるアミノ酸のトリプトファンが、セロトニンを得て、
抗老化ホルモンのメラトニンの分泌を高めたり、
納豆に含まれるアミノ酸リジンに育毛効果があるからです。
くわしくは、こちらをご覧ください。
酢の健康・美容・万能力


↑ PAGE TOP