【トマトランド】

トマトの健康・美容効果トマトでアンチエイジング!

トマトランド>がん予防のために必要なリコピン量は?

【トマトのがん予防効果】


トマトのリコピンには、強い抗酸化効果があり、
がんが予防できるといいますが、
トマトのリコピンで、がんはどこまで予防できるのでしょうか?
どのくらいの量のリコピンをとれば、がんは予防できるのでしょう?

トマトのリコピンに含まれる抗酸化作用により、
がんの発生が抑えられるがんの種類は、色々な動物実験で、
大腸がん、肝臓がん、前立腺がん、膀胱がんの予防に
予防効果があったといいます。

例えば、トマトをたっぷり使った
ピザやスパゲッティを食べた男性は、
前立腺がんになる危険性が40~20パーセント減ったといいます。

イタリア・ギリシャなど
トマト料理の多い国の男性は、
前立腺ガンが少ないという報告もあります。

また、血液中のリコピンやビタミン濃度の高い女性は、
子宮頚ガンにかかりにくいというデータもあります。

しかしこれらの抗がん効果は、
タバコをすうと、効果が40パーセント減少するといいます。
タバコが、リコピンを消費してしまうからです。
また、たばこを吸いながら、お酒を飲むと
さらに、発がん率が高まるといいます。

がん予防のためには、禁煙・禁酒が必要です。
がん予防効果につていは、こちらも参考にしてください。
わかりやすいがんリスクと予防方法

このように、リコピンによるがん予防効果はありますが、
確実な効果を得るための一日のリコピン摂取量は、15mlと高く、
毎日トマトを2個またはトマトジュースを1本飲み干さなければならず、
かなりきついものとなります。

大量摂取による実験結果に疑問を持つ意見や、
がん予防効果はないとする専門機関もあります。

無理のないがん予防には、
トマトを他の抗酸化力の高い野菜や、アミノ酸が高い食品と一緒に
調理して、おいしく無理のない形で取ることが理想です。

トマトのリコピンは、油で調理すると吸収効果が上がります。
油をオリーブオイルにすると、健康効果が高まります。

トマト料理は、よく玉ねぎやにんにくが使われますが、
これらの野菜には、強い殺菌効果、抗酸化効果があるので、
がんなの成人予防効果があります。
トマトと合わせることで、より確実な、
がん予防効果、成人病予防効果が得られるはずです。

又、がんや成人病は、老化に伴う病気なので、
肉体の若返りができれば、かかる割合が減ります。
その意味で、成長ホルモンを活性化し、
肉体を若返らせることで、がん予防効果も期待されています。
成長ホルモンで若返り! http://www.hghz.net/

成長ホルモンは、アミノ酸出てきています。
酢には、多くのアミノ酸が含まれており、代謝を上げ
成長ホルモンを活性化できる効果があります。
酢の健康・美容・万能力 http://www.kenkou-su.net/
特に米酢は、大腸がん予防効果が期待できます。
米酢の健康効果

【がん関連】 ●クラシック音楽を聞くことで
脳に作用してα波を出し、免疫力をあげ
がん予防効果・がん治療効果を上げている。
健康に効くクラシック http://sonata.iinaa.net/

●人参ジュースを大量に飲むことで、
がん治療を取り組むゲルソン療法という食事療法があります。
人参百科 http://nimjim.sa-kon.net/

●牡丹や芍薬は生薬としての効果もあり
がん治療の副作用を抑える効果があります。
牡丹・芍薬専門HP http://botan.konjiki.jp/


↑ PAGE TOP