【トマトランド】

トマトの健康・美容効果トマトでアンチエイジング!

トマトランド>トマトと人参の赤色の違いは?

【トマトの赤とにんじんの赤色の違い】


トマトとにんじんは同じ赤い野菜ですが、
赤くなる成分が違います。

トマトの赤色はリコピンの赤色。
にんじんの赤色は、βカロチンの赤色です。
人参でも、金時人参の赤は、トマトに近い赤色で、
こちらもリコピンの赤です。

このように、同じ赤でも、リコピンの赤と、
人参の赤は、見た目にもなんとなくトーンが違うのがわかります。

リコピンの赤の方がより紅く、黒い感じがします。
見た目的にも違う、二つの色素ですが、
決定的な違いは、ベータカロチンは体内に入った時に
ビタミンAに変わり、発がん抑制作用などの利点があります。
それに比べて、リコピンは、体内に入っても、
ビタミンAに変化しません。
その点で、注目度が低く、関心をもたれていませんでした。

しかしトマトのリコピンは、ビタミンAに変わることがなくても、
カロテノイドの中で最も活性酸素の消去能力が強く、
βカロチンの2倍以上、ビタミンEの100倍以上の
効果があるということがわかり、注目され始めました。

その効果はがん予防・がん抑制作用です。
又トマトのリコピンはLDL(悪玉コレステロール)の
酸化を阻害することから
動脈硬化の予防効果が期待できます。
リコピンには、細胞や組織の修復効果があり、
古くなった血管や組織を新しくしてくれる若返り効果があります。

βカロチンも抗酸化物なので、修復効果、
細胞の若返り効果は、同じようにあります。
この様に、細胞や組織が、若返ることで、成人病の代表である
がんや動脈硬化、肥満、高血圧などの成人病予防効果が期待できるのです。

肉体や臓器の若返り効果は、アミノ酸をとり、
成長ホルモンを活性化することでも健康効果はでます。
成人病を予防できます。
成長ホルモンで若返り! http://nimjim.sa-kon.net/

にんじんの健康効果についてはこちらをご覧ください。
人参百科 http://www.ninjin.biz/

トマトにはリコピンがたくさん含まれていますが、
トマトだけで、毎日必要な抗酸化効果を得るためには、
毎日トマトを2個以上食べなければならず、厳しいと思います。
なので、βカロテンを多く含む人参と、一緒にたべたり
他の抗酸化効果のある野菜や魚などをいっしょにとり
バランスの良い食生活を心がけた方が良いでしょう。
その方が相乗効果がでて、より健康効果が上がります。

他にリコピンを含む食品は柿、すいかなどです。
ボリフェノールにも、強い抗酸化力があります。
抗酸化物質については、こちらをご覧ください。
成長ホルモンで若返り! http://nimjim.sa-kon.net/

■クラシック音楽にも、脳に作用してα波を出し
がんや成人病予防効果がでています。
健康に効くクラシック http://sonata.iinaa.net/


↑ PAGE TOP