【トマトランド】

トマトの健康・美容効果トマトでアンチエイジング!

トマトランド>トマトのリコピン効果(がんと成人病)

【がんや成人病に効果のあるトマトのリコピン】


近年のトマトブームを引き起こした理由のひとつは、
トマトに含まれるリコピンが注目され始めたことによります。

トマトが赤いのは、このリコピン色によるものですが、
昔は、リコピンには健康効果はないものとされてきました。

しかし、リコピンは、カロテノイドの中で最も
活性酸素の消去能力が強く、
βカロチンの2倍以上、ビタミンEの100倍以上の
効果がある事がわかったのです。
トマトは抗酸化物質を含む野菜として注目されています。

リコピンの抗酸化作用は、動脈硬化などの怖い生活習慣病
やがんの予防が高いと言われています。

トマトに含まれるリコピンは、
活性酸素により傷つけられた血管などを修復し、
動脈硬化の予防効果が期待できます。
LDL(悪玉コレステロール)の酸化を阻害し、
心臓病などの予防効果につながります。
さらに、リコピンの抗酸化作用は、
活性酸素により傷ついた細胞膜やDNAを修復し、
ガン細胞が出来るのを阻止し、がん予防につながります。

活性酸素は、元々悪いものではなく、
私たちの体が、ストレスやたばこの煙など、有害なものから
体を守ろうとしてできたものです。
つまり、解毒してできたのです。
しかし、悪いものを吸着した物質は、汚れた雑巾のようなもので、
たくさんたまってしまうと、役に立たないどころか、
肉体のゴミになってしまいます。
そのゴミを除去して、肉体のサビつきを治してくれるのが、
抗酸化物質です。
トマトに含まれるリコピンは、強い抗酸化力を持った
抗酸化作用があり、 活性酸素により傷つけられた
組織を修復し綺麗な状態に戻してくれる効果があります。

トマトのこの様な抗酸化による修復効果は、
体全体の若返りとつながり、
アンチエイジング効果が期待されています。

にんじんに含まれるβカロチンにも抗酸化効果があり、
生活習慣病の予防効果が期待できます。
トマトのレコピンとにんじんに含まれるβカロチンと
一緒にとることで、より効果的になります。
こちらのにんじん百科もあわせてご覧ください。
人参百科 http://nimjim.sa-kon.net/

抗酸化作用、抗酸化物質については、こちらでご確認ください。
成長ホルモンで若返り! http://www.hghz.net/
お酢には、豊富なアミノ酸が含まれ、抗酸化効果が期待できます。
余分な脂肪も燃やすので、ダイエット効果もあります。
酢の疲労回復効果を高める方法 (酢の健康・美容・万能力)

■クラシック音楽にも、脳に作用してα波を出し
動脈硬化の予防効果・生活習慣病の予防効果
が期待確認されています。がん予防効果もあります。
健康に効くクラシック http://sonata.iinaa.net/


↑ PAGE TOP